おいえ制作記4

0

    こんにちは、おいえアートです。

    くらしの祭典への準備も着々と進んでいき、みなさんにはやく作品を生で見てもらいたいという気持ちでいっぱいです!

     

    さて、おいえアートでは9月16、17日に行われる河和田くらしの祭典で古民家にて展示会&茶寮を開く予定です。

    今年のおいえアートのテーマが「民家に四季を活ける」ということで、四季をイメージしたお茶菓子をお出しします!

     

    ・はる

    ・なつ

    ・あき

    ・ふゆ

     

    の4種類から選ぶことができ、お抹茶もついて300円で販売します。

    作品を眺めながら座ってお茶菓子を楽しめるので、皆さん一息つきたいときに古民家にお越しください!

    他のプロジェクトも古民家にて展示を行うので、合わせて楽しんでいってくださいね。

     

     

    〜おいえアート作家紹介〜

     

    京都精華大学3回生 日本画コース

    木原 真愛(きはら まな)

    あだ名:ギャラドス

    紹介:花や動物といった生き物を中心に日本画らしい作品を多く制作し、常に表現の幅を模索中。

       淡い色彩とやわらかい表現が特徴的。

       好物はエビ。

     

    京都精華大学3回生 日本画コース

    岡本 悠暉(おかもと はるき)

    あだ名:ぺろぱん

    紹介:抽象的な作品が多く、金箔などといった特殊な素材を用いて制作しています。

       独自の迫力のある色彩やタッチが魅力的。

       チャームポイントは、八角形のメガネ。

     

     

    他にも過去のアートキャンプ参加学生の作品も展示されています!

     

    写真:木原真愛

    文:岡本悠暉・木原真愛

       


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.22 Friday
      • -
      • 17:08
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      selected entries

      archives

      recent comment

      category

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR