スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.08.30 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    おいえアート制作記2

    0

      こんにちは!おいえアートです。

       

      障子の下準備も終わり本格的に作品の制作が始まり、良い作品ができるようメンバー共に頑張っております。

       

      (途中段階の作品をチラ見せ・・・)

       

      今回作品の紙となる素材は、絹を使っています。

      日本画では、絹をキャンバスとして絵を描く技法があるのですが絹は光に晒すと後ろが透けて見えるのでとても綺麗に見えます。

      あまり普段の絵画などでは、目にしないような物だと思うので是非完成したら実際に近くで見て頂きたいです!

       

      〜日本画を知ってもらうためのあれこれ〜

      日本画ってなあに?とよく聞かれるので、少しでも日本画を知ってもらうためにいくつかのことを紹介したいと思います。

      今回はこれ!↓

      一見なんだこれ?と思う方もいると思いますが、これは日本画をやる上でとても重要な画材。

      その名も、三千本膠(さんぜんぼんにかわ)

      これは、絵の具をキャンバスに乗せるときにより定着しやすくするための"のり"のような役割を果たすものです。

      動物の皮や骨からとったコラーゲンでできているもので、水にとかすとベタベタしています。

      (このように溶かすと液体状になります・・・)

      この液体を絵の具と混ぜ合わせて使うのが基本となっています。

      棒状のものがよく使用している方が多いですが、他にも粒状や液体状のものも売られています!

       

       

      こんな感じで日本画でしか使わないような画材や不思議なものもたくさんあるので、このブログや私たちの作品を通して是非知っていただけたらなと思います!

      また作品の進行状況をお見せするのでお楽しみください!

       

       

      文・写真:木原真愛(ギャラドス)

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2019.08.30 Friday
        • -
        • 00:37
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>

        selected entries

        archives

        recent comment

        category

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        PR