スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.09.12 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    最終話 わんこままんがの夏

    0
      今年の夏、私は河和田で漆職人さんに弟子入りをし、
      漆を使って漫画を描くということをしました。
      マンガは紙にかくという概念と漆器は伝統的なもの(敷居が高い)ような
      偏見や固定概念を変えていきたいというのが目的でした。
      マンガという誰でも親しみやすい媒体で多くの人に漆器を見てもら
      漆器を楽しく使ってほしいという思いで作ってきました。
      例えば
      漆の技法の刷毛目で漫画でいう集中線だったり(左隅にある赤い線)
      漆の技法の布目(布を貼ること)も
      漫画の技法のかけあみとして表現することで
      漆ってこういう技法があったんだと知ってもらい、
      漆に興味をもってくれた人がいたら良いなと思いました。


      具体的に作ったものは
      お椀の底に漆で漫画の1コマを描いていき、その中に蕎麦を入れて、
      その蕎麦を食べることでストーリーが分かるという器を作りました
      8月4日〜塗りの職人さんの畠中昭一さんに弟子入りをし、
      8月11日〜8月30日まで蒔絵の職人さんの橋本一弘さんに弟子入りをしました。
      二つの工程含めて約1ヶ月間の制作でしたが、あっという間に時間が流れ
      日が経つのは早いと思いました。
      塗りの工程ではホコリが入らないように塗ること、
      また、ホコリが入ってしまったら取り除きながら塗ることは難しかったです。
      均等に塗ることを意識し、なおかつその日の気候を考えながら作業することで
      ​ちぢれないように考えながら塗るのは職人の技だなと思いました。
      畠中さんのパッパッサッサッと
      素早い技術は見ていて、とてもワクワクしました!
      スパンコールを青貝のかわりに使えないかと
      新しい表現としてやってみようとしましたが
      うまくいかなかったです。
      研ぐことによって表面のメッキが剥がれてしまうのです。
      しかし青貝は研いでも汚くなりませんした。
      その失敗をしたことにより、
      なぜ青貝が今まで使われてきたのか
      適切だったのか分かりました。
      先人の知恵は凄いものだと思いました。

      蒔きの工程は最初のころ薄くムラのないように塗るのが難しかったです。
      とくに文字の部分が細かくて一番難しかったです。
      あとそれが乾いたあとに銀の粉を蒔くのですが、
      それをつけすぎてしまうとそのあとに蒔く色の粉があまりつかなかったりしました。
      少しの行為が表情を変えるんだなと実感しました。
      そして3種類あるうちの1種類である橋本さんの話のなかには
      橋本さんが女の子の顔を描くシーンがあります。
      これは実際に橋本さんに女の子の顔を描いていただきました。
      私の線と比べることができる器になりました。
      いかに職人さんが凄いか見て分かると思います。
      そういうことも感じてくれたらいいなと感じました。

       
      9月入ってからは展示の準備をし、6,7日に展示、
      20,21日でグランドフィナーレで
      職人さんが蕎麦を振舞っているところで
      実際に中に蕎麦をいれて食べてもらいました。
      楽しんで漆器を使ってもらえていたので良かったです。
      特に、小さい子供たちが注文してくれていたので嬉しかったです。
      面白かったと言ってもらえたときは
      すごく泣きそうになりました
      作って良かったと思います。


      お世話になりました職人さん方の笑顔に感動です!
      そして大切な存在のモノのアートディレクターの
      永眠さんこと石井瑞紀さんの笑顔にも感動ですです!!
      私たちの作ったものが誰かの笑顔に
      繋がっていくというところにやりがいを感じました。
      職人さんの作った越前漆器にも
      一つ一つ手作業だからこそ生まれる温かみや、美しさは
      笑顔につながると思います。
      だからこそもっと多くの人に漆器を
      使って欲しいなと思いました。
       
      振り返ってみて、かけがえのない夏休みでした。
      沢山の人に支えられここまでやってこれたと思います。
      感謝感謝です。ありがとうございました。


      栗田知佳(モノリス)

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.09.12 Monday
        • -
        • 23:02
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>

        selected entries

        archives

        recent comment

        category

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        PR