「地飾」 2010年制作

0

    美味しそうな野菜が実り色とりどりだった農園も、収穫のピークが過ぎると少しずつ元の何もない土だけの場所に戻っていく。そこにできたスペースに置かれたのが、「地飾」と呼ばれる作品だ。地域の草刈りをして集めた草を重ねて大きな球体を作り、それを種に見立てている。そしてその種に寄り添うように囲んで置かれている大きな布。一枚一枚異なる模様の染みがついたこの布は、「泥んこあそび」の時に着た「てる布」である。地飾は、農園一帯を使って学生と地域の方々の繋がりを形にすると共に、農園の将来が明るくありますように、という次世代への希望が込められた作品である。 農園に現れた二つの素敵なプレゼント。見に来た方々は、農園に一歩足を踏み入れるとそれをじっと見つめる。その表情は、「泥んこあそび」の時を思い出してふふ、と笑う優しい顔だったり、種の大きさに目を丸くしてびっくりする顔だったりと、見た人によって全く異なる。感じ方はそれぞれ違っても、地飾をしっかりと目に焼きつけ、学生からのメッセージを感じ取っていたのだろう。

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.08.18 Friday
      • -
      • 23:32
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク


      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      selected entries

      archives

      recent comment

      category

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR