スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    今日の伝統!

    0
      JUGEMテーマ:地域/ローカル


      最近朝晩と昼の寒暖差がありすぎて風邪をひきました。皆さんも気をつけてください。
      こんにちは田中唯乃(フィリピンカーブ)です。


      今日はパズルの裏に拭き漆を塗りました。
      前回も塗ったのですが二回ぬることでより綺麗になり、強度も増します。










      そして机の表面にも漆を重ね塗りしました。
      表面には前回塗った赤い漆が滲んでしまっていて、所々赤が付いてしまっていたのです....
      なので、もう一度塗ることによって綺麗な黒にしました!






      少しずつ完成に近づいていてとても嬉しいです!!!
      きっといい作品になりますので、楽しみにしていてください!






      写真・高田真帆(すり身)




       

      今日の伝統

      0
        JUGEMテーマ:地域/ローカル

        こんにちは。今日も元気にかぶれながら漆を塗っております青木 美菜子ことざんぎりアマテラスです。でんでん!

        今日はテーブルの脚に漆を塗りました!拭き漆をし、その上から漆を塗り、研ぎをして今日、2回目の漆塗りを行いました!

        下の写真は研ぎをしている様子です!



        つるっつるになりました。とっても綺麗。実際自分で漆を塗るとムラができ、なかなかうまく塗れません。しかし職人さんの腕にかかればササッと一塗りで綺麗にでき、改めて職人技を目にでき日々感動しています。



        次にテーブルの側面に布目という技術を使い漆を塗っていきます。またまた表面を研ぎ綺麗にします。



        とっても綺麗な赤い漆を塗ります。わくわくどきどき。



        塗り塗り。丁寧に、塗りすぎず。量の加減がなかなか難しい。



        このようになりました!!乾けば少し色は暗くなりますが綺麗に塗れました!乾いたあとがとっても楽しみです!



        今回漆塗りを教えてくださっている畠中昭一さん。漆を塗るに至るまでの過程を丁寧に教えてくださいます。本当にありがとうございます。漆塗り完成まであと少し、精一杯頑張りたいと思います。



        文・写真 青木 美菜子(ざんぎり アマテラス)

        これまでの伝統〜漆塗り2日目〜

        0
          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          こんにちは田中唯乃(フィリピンカーブ)です。



          この2日間での漆塗りの進み具合を一気にお伝えしたいと思います。


          まず、土曜日は、パズルに中塗りをしました!
          前日錆漆を削ったところに黒い漆を塗ります。それを削ってもう一度黒い漆を塗ります。
          今回はその1回目の漆塗り作業です!



          それから、机のうらに拭き漆をしました。
          (拭き漆とは、木地(木を削りだしたもの)にテレピン油で薄めた漆をすり込んでいくものです。)







          次の日、日曜日は漆を乾かすのと、職人さんもお休みだということで私たちもお休みをいただいてそれぞれ自由にすごしました。
          私はアニメーターの久里洋二先生のワークショップがあったので、そちらに行っておりました。



          そして今日はパズルに塗った漆を研ぐ作業です。
          錆漆を綺麗に研いで後日また漆を塗ります。
          研いだパズルはツルツルになります!









          足にも漆を塗りました!!!







          最初の見本を畠中さんに塗っていただいて、それから私たちも塗りました。
          薄く塗るのもムラなく塗るのも難しかった......


          明日も頑張ります!!!!



          写真・青木美菜子/田中唯乃

           

          伝統・漆4日目下地2!

          0
            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            こんにちは田中唯乃(フィリピンカーブ)です!


            本日は2回目の下地です。
            漆は何度も塗りを重ねてツルツルにしていくので、この作業はとても大事なのです。

            昨日同様にパズルに錆漆を塗ります。昨日は裏面だったのですが今日は側面です。
            今回もはるかさん(男性)に教えていただきました!

            昨日今日と同じ作業を繰り返して私たちも手がだんだん慣れてきたようです。
            時折、畠中さんに塗りを見ていただくのですが「うまく塗れてます」と大変嬉しいお言葉をいただきました!!!
            この調子でいい作品うを作っていきたいですね〜





            机にも漆をぬります。
            側面に赤い漆を塗ってより一層かっこいい作品へ進化を進めていきます!






            途中、畠中さんのお宅を訪ねていらした同じ漆職人の山田秀樹さんが私たちの作品を見て「面白い作品だ」とまたまた嬉しいお言葉をがっつり福井弁でいただきました!嬉しい!本当に嬉しい!!
            完成したら見に来てくださるそうで、制作にも力が入ります。


            机の脚やパズルのデザインも少しずつではありますが形になりつつあるので私自身も完成がとても楽しみです!


            明日もみんなで頑張ろう〜〜!!





            写真・田中唯乃

            伝統・漆3日目!

            0
              JUGEMテーマ:地域/ローカル


              漆塗りも3日目になりましたがまだ誰もかぶれていません!すごい!!
              こんにちは田中唯乃(フィリピンカーブ)です。


              今日は昨日漆を塗った上にまた重ねて漆を塗ります。
              今回使う技法は布目です。
              (布目とは素地(きじ)に漆を塗布した布・紗(しゃ)をあて、上から摩擦して布目を転写し模様をつける漆塗り技法。)




              余分な布を切ってから塗っていきます。









              綺麗な黒色〜
              真ん中が木のままなのはこの部分にパズルが入るからです!
              パズルにも漆を塗っていきます。




              デン



              デデン



              パズルには錆漆を塗ります。
              (錆漆とは水で練っに砥粉(とのこ)に生漆(きうるし)をまぜたもの。漆塗りの下地のほか、絵模様の輪郭を描いたり、肉を盛り上げたりするのに用いる。さび。)

              今回この錆漆を教えていただいたのは京都伝統工芸大学漆工芸専攻のはるかさん(男性)です。
              はるかさんはたまたま同じ時期に畠中さんに弟子いりしていてたまたま畠中さんのきまぐれ(?)で教えていただくことになりました!







              しかし、実は今日アクシデントがありました.......
              上記の写真にあるようにパズルのピースが一つなかったのです......


              そこで急遽木地師の大森さんに木を譲っていただきました!!!ありがたいことです!!!!!!
              それをピースの形に切って錆漆を塗れば完成です。


              アクシデントがあったもののなんとか今日の作業を終えることが出来ました。
              伝統はこうしてみんなで力を合わせて頑張ります!!!!




              写真・青木美菜子(ざんぎりアマテラス)
               

              伝統とアート始まりました!

              0
                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                今年も始まりました!
                伝統とアート。今回は漆塗り職人さんの畠中昭一さん、蒔絵職人の塚田孝一郎さんに弟子入りしてテーブルを作ります。
                漆の里河和田の魅力を感じていただきたいと思います!








                畠中さんに丁寧に教えていただきながら漆をぬっていきます!








                まず今日の下塗りの段階ではこの液体を塗っていきます。










                美味しい梅しそジュースもいただきました!!!明日も楽しく仲良く元気良くがんばります!!!!!



                文・写真 青木美菜子/田中唯乃

                越前漆器展はじめました。

                0
                  長かった冬から、ぽかぽかと春の陽気な空気に変わりつつありますね。
                  春よこんにちは。
                  ということは、そろそろ、お出かけがしたくてたまらなくなるころではないですか?(●^o^●)


                  そこで、どん。


                  河和田アートキャンプ 伝統とアート
                  京都でも展示をしちゃいます!

                  2014年3月25日(火)〜4月7日(月)
                  11:30〜24:00(LO.23:30)

                  Gallery  Cafe&Bar CoLLabo  
                  〠604−8112 京都市中京区三条高倉東入桝屋町53 DUCE MIX BUILDING 3F
                  地下鉄烏丸御池から徒歩5分ほどのところにあるおしゃれなビルです!



                  去年の作品あんまり見れなかったわ、という方はもちろん、
                  漆に興味のある方、なんやねんそれ、という方も!
                  アートキャンプをよく知らない方も!
                  この展示をひとつのきっかけとして、より多くの方に河和田アートキャンプを、越前漆器を、知っていただきたいと思います。
                  もちろん作品は触っていただけます!
                  実際に触れて漆の感触を確かめてみてください(*^_^*)


                  ここのカフェはごはんもボリューミーで美味しいし、夜はお酒も飲める素敵なところです。
                  美しい漆を眺めながら食べるごはん・・・春の一興にどうでしょう。
                  お出かけの際は、ぜひお立ち寄りください。

                  伝統とアート がち森(青山彩華)

                  漆の教室

                  0
                    1月25,26日に開催されたこだわりマルシェも無事大盛り上がりで終わり、10周年にむけて河和田アートキャンプも着々と活動をしています。
                    そして、私たち伝統とアートもまだまだ今年度の活動は終わってはいません。

                    私たちは今回のマルシェのなかで、越前漆器を知ってもらい、体感してもらうためのワークショップを行いました!

                    その名も「漆の教室」。
                    教えてくれた職人さんは、塗りが畠中昭一さん、
                    蒔絵が橋本一弘さんです。
                    塗りの体験ができたり、職人さんに特別に用意してもらった漆のコップに蒔絵を施したり。
                    普段は、かぶれないようにと性質の似たカシューという塗料が使われることが多いのですが、今回はどうしても、と職人さんにお願いして本物の漆を使わせていただきました。


                    なので、とても使い心地もよく、物持ちもいい、世界に一つだけの漆のコップができたのではないでしょうか。
                    みなさん、黙々と描いていますね(^−^)



                    大切に使ってほしいなあ、と子の旅立ちを見守る親のような気持ちにもなりつつ、笑
                    たくさんのコップが綺麗な蒔絵を施されて、もらわれていきました。



                    体験していってくださった方の嬉しそうな顔や、キラキラした顔をみて、私たちもやってよかった、と心から思えました。
                    少しでも越前漆器ってこういうものなんだ、漆ってきれいなんだ、と思ってくれたのならばうれしいです。




                    最後に、このワークショップに参加してくださった方々、寒い中本当にありがとうございました!!
                    つたない部分がたくさんあったとは思いますが、職人さんに教えてもらいながら実際に漆に触れたこの体験を心のどこかに残しておいてほしいです。私たちにとっても初めての漆のワークショップで、忘れられない、貴重な経験となりました。

                    そしてもしこの体験で漆っていいな、もっと知りたいな、と思ったら是非河和田におこしください。
                    そこでまた、職人さんとまったり、なんてのも楽しいですよ。

                    それではまた、河和田で。


                    伝統とアート がち森(青山彩華)





                     

                    2013年伝統とアート 

                    0
                       
                      お久しぶりです!だいぶ涼しくなってきて、夏も終わりをつげようとしていますね(●^^●)

                      今年も胸が熱くなる夏を、河和田で過ごさせていただきました。
                      職人さんと二人三脚で制作した作品を、展示期間、また中道アートにて展示させていただきました。

                      あもさんの万年カレンダー「KANATA」、アンチ小西さんの「人魚姫」、猫ラーメンの「お出かけ木琴」、ちゃうちゃうのレインコートに漆を施した「雨の日のメロディ」、斜辺さんの「漆の教室」。










                      これだけの作品をつくることができたのも周りの支え、地域の方々の温かい声、そして職人さんのご協力あってこそです。



                      作品をたくさんの方に実際に見てもらえて、触れて感じてもらえて、とてもうれしかったです!すごい、おもしろいと言っていただけて、本当に今年頑張ってよかったと思いました。
                      卵の蒔絵ワークショップというものもやりました。




                      また、合評会もやらせていただきました。お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。メンバーがどのような意図で作品をつくっていたのか、思いが少しでも伝わったのならば、幸いです。

                      思い返してみれば今年は、例年にも増して職人さんにお世話になり、いろいろなことにチャレンジさせていただきました。

                      個人制作でも、楽器を作ったり、漆を着るなんて思ってもみませんでした。
                      吹き漆の箸置きを作らせていただいたり、漆のスタンプをしてみたり。なんでもやってみな、と言ってくださる職人さんのお言葉に甘えて、やりたいことをやりたいだけ、いやそれ以上のことをやらせていただきました。


                      河和田という地で私たちが得たものは、技術や制作に対する姿勢だけではありません。ここでは語りきれないほどの思いがあります。

                      また河和田に帰ってきます。


                      伝統とアート がち森(青山 彩華)

                      9月1日の展示日程の変更について

                      0
                        あもたけし(和田隆大)です。

                        伝統とアートの展示日程が変更となってしまいました。
                        本来なら今日9月1日からの作品展示となるはずでしたが、
                        豪雨が予測されたため9月2日の13:00からの展示となってしまいました。
                        ご迷惑をおかけして申し訳ございません。


                        今日は塗りの職人さんの増井さんの作業場で食育のアートの食事会で使う
                        箸置きの拭き漆を施す作業と展示の準備をしました。


                        塗りも三回目になり見た目も美しく質感が良くなりました。
                        こちらは予定通り順調に進んでおり、
                        予定通り6日の食事会で使われる予定です。

                        明日から展示です。
                        展示場所に変更はございませんので、
                        ぜひ中道にいらしてください!


                        あもたけし(和田隆大)




                        | 1/4PAGES | >>

                        calendar

                        S M T W T F S
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << July 2018 >>

                        selected entries

                        archives

                        recent comment

                        category

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM

                        PR