うれしなみだ

0

    こんにちは!食育とアートです!

    9月6日に食事会を行い、
    たくさんの方にお褒めの言葉をいただき
    食事会を開いて本当に良かったと思いました!!

    食育を中心に、他のプロジェクトと関わるという珍しい体験が実現でき、良かったです!

    他プロジェクトが作成したコースターや箸置きなど、自宅でも使えることができるので、ぜひ使ってください!


    今回、4つのワークショップをへて、いろんな気持ちが溢れかえってきました。
    そうしたら感極まって涙がでてきちゃいました。
    この食事会は、忘れられないものになりました。

    そして、たくさんの方の記憶にも、この食事会が残ると嬉しいです(*^^*)


    会場に来てくださった方、
    食事会にご参加していただき、ありがとうございました!



    そして、今回食事会にご参加できなかった方も1・2品ですが、ファイナルイベントの7・8日にいただくことができます!

    場所は 椀椀たんぽぽ です!

    椀椀では、いきいき協議会の方々がご用意した料理にプラスして山うにあんの揚げ出し豆腐もいただけます!



    たんぽぽでは、山うにあんの揚げ出し豆腐と山うに醤油の焼きおにぎりをセットでいただけます!
    このセット、なんと200円でいただけます!!




    どちらの場所でも、限定15食になっていて、なくなり次第終了なので
    お早めにおこしください(*^^*)

    ご来店お待ちしています!



    食育とアート ぐりんぐりん(櫻井みなみ)










    Let's 試作!

    0
      こんにちは!食育とアートです!

      今日は食育が食事当番だったので試作をたくさんしました!



      まず、朝はいきいき協議会の方に教えていただいた料理をさっそく試作しました!




      からしは粉から作ったので湯との分量が難しかったです(>_<)





      麩とタレを絡めました!

      からしがツンと効いていて
      朝から目が覚めした!笑







      そして夜は、親子ロッケの試作と、学生が考えた山うにを使った焼きおにぎりを試作しました!






      食育のチームプレーの良さがでました!!




      コロコロするのが楽しく
      あっという間に120個のコロッケが出来ました!





      揚げたらこんな可愛いですよ(o^^o)




      みんな美味しいと言って食べてくれました!



      焼きおにぎりは味がしっかりしていて
      山うにと醤油の香りとピリ辛加減がたまりません!!




      食育だけで食べたので
      味の方は食事会まで楽しみにしててください♪





      今回の試作で、改善点や必要な物を気付くことができ、成功に終わりました!

      これからもっと食事会に気合いをいれて頑張っていきます!





      食育とアート ぐりんぐりん(櫻井みなみ)



      「輪和話(わわわ)カフェ」 2011年開催

      0

        様々な年代の人たちが会話できる空間を提供しようと開催された輪和話カフェ。高校生から大人の方まで、1つのテーマをもとにテーブルを囲み話し合った。テーブルには紙を置き、思い思いに書込みができるようになっている。話し合った後は学生が工夫を凝らしてつくった「輪和話ランチ」が振る舞われた。

        かわだランチ 2010年制作

        0

          ランチのメニューは、河和田の一般家庭に弟子入りして料理を学んだ学生が考えた。味や色合いのバランスを見てくれたのは、うるしの里いきいき協議会の方々。河和田のおいしいものをよりすぐり、そして河和田の一般家庭の味を学んだ学生が独自のアレンジを加えてできたランチ。それが「かわだランチ」である。販売された五十食のランチは、全て学生の手作り。どこかあたたかい気持ちになる味が、明るい日差しが降り注ぐ明るい店内の雰囲気によく似合う。メニューの中に河和田の郷土料理も含まれていたが、地元の方もおいしいと言うほど本格的な味。また、県外から食べに来た方々にとっては、初めて食べる味に新鮮さを感じていた。

          「ふるまいパーティー」 2010年開催

          0

            ぐつぐつ、じゅーっ。今日のために前日から仕込んでいた食材を、朝早くから料理し始める。作っているのは、河和田の一般家庭にお宅訪問して学んだ料理を学生なりにアレンジしたランチ。名づけて「かわだランチ」である。ランチの試食会に招待したのは、料理を教えてくれた方々。今まで教えてもらったことの成果を発揮し、ひとつひとつ丁寧に料理していく。メニューについて説明する手作りのパンフレットと一緒に料理が並べられると、パーティの始まりである。おいしいと言って食べる顔を見て、学生にも思わず笑みがこぼれる。 試食会の後には、「料理を作る楽しさ」や「みんなで食べることの楽しさ」などをテーマに全員でディスカッションを行った。学生は料理の腕だけではなく、食のあり方についての考えも河和田でしっかり磨いていた。師匠と弟子の信頼関係があるからこそ、ディスカッションでは終始本音をぶつけ合っていた。食を通して深い繋がりを持てることが伝わる、内容の濃いパーティだった。

            「パン窯」 2010年制作

            0

              「パン窯を作りたい。子どもは焼きあがったパンしか見たことがないと思うので、一からパンを作る楽しさを知ってほしい。そしてパン作りを通して人と人との距離がもっと近づいたら良い。」 そんな学生たちの熱い思いを受け入れてくれたのは、河和田にある温泉「ラポーゼかわだ」の社長、宇坪さんだ。話し合いを重ね、敷地内のバーベキュー場にパン窯が制作されることになった。左官の山崎さんや司辻さんに教わりながら制作し、ラポーゼの社員さんなどたくさんの方に支えられてパン窯は完成した。学生の力だけでは決して作ることはできなかっただろう。想像以上の立派な窯を見て、学生は達成感と感謝の気持ちで胸がいっぱいになった。 パン窯はこれからもラポーゼかわだに置かれることになった。夏が終わっても、「パン窯を通してコミュニケーションを」という思いはいつまでもここに残る。

              「丸山cafe」 2006年開催

              0

                敷山神社へと続く坂道の途中にある、緑溢れる丸山さん宅。そこをお借りして開かれるのが、毎年恒例の「丸山カフェ」だ。丸山さんは、その家に住む元気なおばあちゃん。いつも世間話や、生活の知恵など役立つ話を聞かせてくれる。学生はそんな丸山さんと話す時間がとても好きで、終始笑顔が絶えない。「カフェはあんたらの好きにやったらええ」といつも優しく見守ってくれていて、まるで本当のおばあちゃんのようだ。 営業は三日間。メニューは、料理上手な丸山さんに教わりながら作った自信作ばかり。最終日には約三百人のお客さんが訪れ、午前中に売り切れのメニューが出るほどの繁盛ぶりだった。どこかほっとするような手作りの味に、店の中は笑顔が溢れた。丸山カフェの一番の魅力は、お客さんと丸山さんや学生とのおしゃべり。のんびりとくつろげるお店の雰囲気に包まれると、年齢も何もかも関係なく近い距離で会話ができる。店の中のふすまが全て開かれた開放的な空間の中では、心の壁も自然となくなるのだ。

                | 1/1PAGES |

                calendar

                S M T W T F S
                      1
                2345678
                9101112131415
                16171819202122
                23242526272829
                30      
                << September 2018 >>

                selected entries

                archives

                recent comment

                category

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM

                PR